心理学講座で学ぶ「個人心理学」では、知覚や感覚、記憶、学習などといった、個人の心のメカニズム研究を指します。
「社会心理学」も心理学講座に登場する用語で、社会的な複数の人のいる状況での個人や、個人の経験、行動、感情に関して、化学的な分析を行うものです。

講座で学ぶ個人心理学と社会心理学

心理学講座では、分かりやすく個人心理学と社会心理学の例えを用いて、説明がなされます。

心理学の分類を、ホラー映画を例えにして用いると、観賞して「怖い」といった感情を扱うのは「個人心理学」であり、「怖い、だから誰かと一緒に過ごしたい」という心の動きを扱うのは、それが社会的行動となるので、「社会心理学」の分野に入ります。

社会的行動が科学的に分析されていくことによって、予測を立てられるようになり、制御に活用されることも期待されます。

心理学講座で教えられる社会的心理学ですが、実社会ではいろいろな広告に活かされています。

心理学的に、個人の消費行動を拡大させる広告を研究して、宣伝の効果を高めていきます。

心理学講座で教わる内容というのは、実に広い範囲へ発展するものなのです。

社会という言葉の中には、いろいろな意味合いを同時に含んでおり、誰かと2人でも、2〜3人や数十人の「集団」でも、「世の中」や「世界」など、これらすべて社会といえます。

集団の機能や、特定の集団内にだけ存在する価値観は、どうやって誕生しているのか。

心理学講座では、「集団の輪に入れない」といった悩みの原因などにも、触れていきます。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

心理学講座:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://psychology.mb34.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。